さいとうクリニック|岐阜県関市の耳鼻咽喉科、アレルギー科の病院!最新の技術と心ある診療をご提供いたします。

耳鼻咽喉科・アレルギー科  さいとうクリニック

HOME 院長のご紹介 クリニック案内 診療案内 診療時間・アクセス クリニック風景  インターネット予約
日帰り手術について

日帰り手術について

中耳炎に対する鼓膜切開術、鼓膜換気チューブ留置術を行っています

さいとうクリニックでは、先進の炭酸ガスレーザー措置であるOto-LAMを使用し安全で治癒の早い治療を実施しています。

アレルギー性鼻炎に対し、アルゴンプラズマ凝固装置による下鼻甲介粘膜焼灼術を行っています

アレルギー性鼻炎の治療として、アルゴンプラズマ凝固装置による下甲介粘膜焼灼術を行っています。
アレルギー性鼻炎の症状に最も深く関与している下鼻甲介粘膜を熱により凝固させ、傷を修復する際に新生する瘢痕組織の形成を促し、アレルギー症状を起こしにくくさせます。

 

治療1ヶ月後の有効率は、鼻閉97.5%、鼻漏61.3%、くしゃみ59.3%と高いものです。(2001年兵庫医大深澤氏の論文より引用)
手術は局所麻酔に行います。麻酔液のついたガーゼを鼻内に入れて30分後、下鼻甲介粘膜をアルゴンビームで焼灼します。手術は6~7分ほどで終了します。

 

アレルギー性鼻炎に対し、アルゴンプラズマ凝固装置による下鼻甲介粘膜焼灼術を行っています

 

粘膜が“やけど”をした状態となるため、術後は一時的に鼻閉が悪化しますが、1~2週間で改善します。
アルゴンプラズマ療法やレーザー治療などはあくまで対症療法であり、アレルギー体質そのものを治すものではありません。
効果持続時間は患者さんによって差があり、半年~2年位です。しかし、特に副作用や後遺症が出る治療ではありませんので、効果が薄くなったらまた手術をするという考えでよいと思います。

 

日帰り手術について

 

日帰り手術について

 

 

←こちらの資料もご覧ください

日帰り手術について

 

 

*上記動画をご覧になるには
WindowsMediaPlayerが必要です。

 

鼻内視鏡下手術を実施しています

内視鏡下鼻副鼻腔手術中写真

 

鼻ポリープや副鼻腔炎に対し、局所麻酔に内視鏡を使用して手術を行っています。
(鼻茸摘出術、鼻内上顎洞根本手術、鼻内篩骨洞根本手術)
内 視鏡下鼻副鼻腔手術は、鼻の穴に内視鏡を挿入し、TVモニター画面を見ながら鼻内手術をおこなう方法です。従来の唇の下から切開する方法とは異なり、切除 する範囲は、病気を改善させるために最低限必要な部位のみです。さまざまな角度から副鼻腔を観察でき、また、TVモニター画面で拡大されるため、術中術後 の出血や痛みが、従来の鼻根本手術よりも、はるかに少なく、また、頬の腫れやしびれを生じません。
鼻のそばにある眼や脳といった危険部位を傷つけないよう、安全を確認しながら手術をおこないます。ただし、十分な麻酔液を注射しても痛みが強い場合、または、出血が多い場合には途中で中止することがあります。