さいとうクリニック|岐阜県関市の耳鼻咽喉科、アレルギー科の病院!最新の技術と心ある診療をご提供いたします。

耳鼻咽喉科・アレルギー科  さいとうクリニック

HOME 院長のご紹介 クリニック案内 診療案内 診療時間・アクセス クリニック風景  インターネット予約
アレルギー治療について

アレルギーの治療

わたしたちの体は、体内に侵入した病原菌やウイルスなどの異物に対して、それに反応する「抗体」を作って排除する仕組みを持っています。この仕組みを「免疫」といいます。
免疫は本来、体から異物を排除して感染症などから体を守る大切な仕組みです。しかし、この免疫が花粉など体に害のないものに対しても過剰に反応してしまうことがあります。これが「アレルギー」です。
多くの患者さんは内服薬や点鼻薬を使用することで、くしゃみや鼻みず、鼻づまりなどの症状を抑えることができます。しかしクスリが効かない場合、使用できない場合には免疫療法または手術療法を行います。

 

アレルゲン免疫療法(減感作療法)とは

アレルゲン免疫療法ナビ

アレルゲン免疫療法は減感作療法とも呼ばれ、アレルギーの原因である「アレルゲン」を少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげる治療法です。アレルギー症状を治す可能性のある治療法と考えられています。アレルギー症状のある疾患のうち、花粉症、アレルギー性鼻炎、気管支喘息などに対してこの治療法が行われています。
現在、アレルゲン免疫療法には、アレルゲンを注射する皮下免疫療法という方法と、アレルゲンエキスを舌下に投与する舌下免疫療法という新しい方法があります。

 

【皮下免疫療法】
皮下免疫療法

 

まず血液検査で、アレルギーの原因(抗原)を確かめます。その上で、希釈したエキスを少量から皮下に注射していきます。
はじめは週に1~2回、少しずつ量を多く、濃度を高くしていき、適切な濃度になったら間隔をあけ、2週に1回から最終的には月1回にして、その濃度(維持量)を続けていきます。
効果がでるまでに、約3ヶ月以上かかります。効果を維持するためには最低3年、できれば5年以上、月1回の注射を続けます。

 

皮下免疫療法

 

←こちらの資料もご覧ください

皮下免疫療法

   

 

◆対象
・6歳以上で病因アレルゲンがハウスダスト、ダニ、スギ花粉である方
 
 
◆対象とならない方
・病因アレルゲンがハウスダスト、ダニ、スギ花粉でない方
・アレルゲンエキスの投与によりショック(急激な血圧低下により意識障害などを生じること)を起こしたことのある方
・重症の気管支喘息患者
・妊娠または授乳中の方
(すでに免疫療法を行っており維持期においては治療を続けることが可能)
・β阻害薬(高血圧や不整脈に対して使用)使用中の患者
・悪性腫瘍又は免疫系の全身性疾患(膠原病や免疫不全症など)のある患者

 

◆有効性について
治療効果はハウスダスト(ダニ)で80~90%、スギ花粉でも70%前後の有効性が認められています。また3年以上治療を続けられた患者さんでは、治療終了後4~5年経過した時点での追跡調査で80~90%の効果の持続が認められています。

 

◆安全性について
アレルゲン免疫療法は、アレルゲンを投与することからアレルギー反応が起こる可能性があり、場合によっては、アナフィラキシーという重い副作用が現れることもあります。そのため、本治療は副作用に対する適切な対応ができる医師のもとで行われます。
副作用としては、注射部位の腫れが最も多く、その他、全身の発赤、ショック症状、喘鳴などがごく稀に起こることがあります。ただしこれらの副作用は注射後15分以内に起こるため院内での適切な処置を行います。

 

【アナフィラキシーとは】
医薬品などに対する急性の過敏反応により、医薬品投与後多くの場合30分以内で、じんましんなどの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、突然の蒼白、意識の混濁などのショック症状が現れることをいいます。
 
当院ではハウスダスト、ダニ、スギなどを行っています。

 

【舌下免疫療法】
舌下免疫療法

 

これまでは皮下注射による治療が主でしたが、「通院が何回も必要」「注射が痛い」など、患者さんにとって大きな負担になっていました。そこで、舌の下からお薬を体内に吸収させることで「自宅で」「痛みがなく」治療を可能にしたのが舌下免疫療法です。
「シダトレンⓇ」というスギ花粉を含む薬を舌の下に滴下し、舌の下に保持したまま2分後に飲み込みます。これを最初の2週間で量を増やしていき、3週目からは同じ量の薬を毎日舌下投与します。1回目の舌下投与は医療機関で行ないますが、以降は毎日自宅で行ないます。最低3年できれば5年以上の服用が推奨されています。

 

◆対象
・12歳以上のスギ花粉症患者
(12歳未満の患者に対して治療の臨床試験が行われていないため)
・花粉症の症状を問わずお薬を毎日服用できる方
(スギ花粉が飛散していない時期も毎日服用)
・少なくとも1ヶ月に1度、定期的な通院が可能な方
 
◆対象とならない方
・病因アレルゲンがスギ花粉でない方
・アレルゲンエキスの投与によりショック(急激な血圧低下により意識障害などを生じること)を起こしたことのある方
・重症の気管支喘息患者
・妊娠または授乳中の方
(すでに免疫療法を行っており維持期においては治療を続けることが可能)
・β阻害薬(高血圧や不整脈に対して使用)使用中の患者
・悪性腫瘍又は免疫系の全身性疾患(膠原病や免疫不全症など)のある患者
 
◆有効性について
治療した人すべてに効果があるわけではありません。一般的に約10~20%の人には効果がないと言われています。
 
◆安全性について
投与後の多くの場合30分以内で、じんましんなどの皮膚症状や、腹痛・嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状、意識の混濁などのショック症状などがみられることがあります。
しかし、重篤な副反応はきわめて稀であり、従来の注射による方法よりも安全ですが、治療時にはよく理解する必要があります。
 
当院ではスギを行っていますが、今後はダニも行う予定です